Aurora Village のオーロラツアーに関する質問や疑問にお答えします
知りたい質問事項をクリックしてください。
 
Q1.オーロラ観賞のベストシーズンはいつですか?
     
  Q2.満月の夜でもオーロラは見えますか?  
     
  Q3.極北なのでかなり寒いと思いますが、どんな服装で行けばいいですか?  
     
  Q4.オーロラ観賞に持っていくと便利なものってありますか?  
     
  Q5.オーロラを撮影するために必要なものは何ですか?  
     
  Q6.パッケージプランはいつまでに予約すればいいですか?  
     
  Q7.到着後に起こりうるパプニングとその対策。  
     
  Q8.両替について  
     
  Q9.雨や雪でもオーロラ観賞に行くのですか?  
     
Q10.ホテルは自分で予約を取ったので、パッケージではない方法でツアーを申込めますか?
 
Q11.イエローナイフ到着予定がとても早い(遅い)時間帯のなのだが空港送迎はあるのだろうか?
 
 
 
     
 
......その他ご質問等ありましたらご遠慮なくお問い合わせ下さい!
 
     
     
Q1.オーロラ観賞のベストシーズンはいつですか?  
     
 

A.オーロラは、実は一年中イエローナイフの夜空を飾っています。

その中で、私たちがツアーを実施しているのは8月~9月のSummer Seasonと11月~4月のWinter Seasonです。

 
 

まず、5月から7月までの夏季は白夜に近く、深夜11時過ぎに太陽が沈みます。日没後も明るいため、暗い時間が少なく、オーロラ観測には適していません。オーロラが出現しても、空が明るいために見ることができないというわけです。

また、10月は、雨や雪が降ることが多く、オーロラが出現しても、天敵の『雲』に妨げられてしまうため、地上からはほとんど見ることができません。

 
  オーロラは冬のイメージが強いですが、年々8月・9月のオーロラツアーに訪れるお客様が多くなり、リピーターの方も増えてきました。夏のオーロラの利点は、冬のような寒さを気にすることなくオーロラが出現するのをお待ちいただけます。特別な防寒具は不要です。ただし、万が一に備えてダウンジャケット等のご持参をお勧めします。日本の冬の格好をイメージして下さい。  
  弊社のオーロラツアーは、白夜を除いた天候が安定し、晴天に恵まれやすい時期に実施しています。  
  ここ数年、弊社のオーロラツアーに3夜連続で参加いただいた方の観賞確率は、95%以上!!
世界でトップレベルを誇っています。
イエローナイフが、世界で最もオーロラに会えるオーロラタウンといわれているのも、年間約240日ほどもオーロラが観測できるからなのです。
 
     
   
     
     
  Q2.満月の夜でもオーロラは見えますか?  
     
 

A.オーロラツアーをお申し込みの際、月の影響を心配される方がたくさんいらっしゃいます。

確かに月の光にオーロラが負けて見えにくくなることもありますが、それは弱いオーロラの場合。イエローナイフで頻繁に観測されるオーロラは、かなり光の強いものが多いので、月夜でも充分オーロラを観賞することが可能です。

実際、今までに月夜にもかかわらず、ダイナミックで美しいオーロラが爆発した姿を幾度となく目にしています。

 
  一方、オーロラの写真撮影が好きな方にとっては、月明かりのおかげで木や森など周囲の風景を浮かびあがらせ、オリジナリティのある写真が撮影できるという声も少なくありません。また、月を入れたオーロラの写真も構図としておもしろい写真が撮影できるという方もいらっしゃいます。また、数年前の冬、満月の時に限って規模の大きなオーロラが現れるというシーズンもありました。ご予約される際に、それほど月を意識して日程を変更される必要はないでしょう。  
 
BACK TO TOP
 
     
     
  Q3.極北なのでかなり寒いと思いますが、どんな服装で行けばいいですか?  
     
 

A.イエローナイフへのご旅行の準備をされる上で、きびしい極北の寒さはなかなか想像できないと思います。ですが、弊社では冬にはレンタル防寒具5点セットをご利用頂けます。

イエローナイフ滞在中、お申し込み頂いている日数の間はずっと着用できるフード付きパーカー・風を遮断するパンツ・極地使用ブーツ・顔全体をカバーできるフェイスマスク・両手をふんわり包むミトン(手袋)の5点です。これらは、極地仕様のかなり強力なものですので、マイナス35℃以下にもなるイエローナイフの寒さにも充分に対応できます。

 
     
  また、冬のイエローナイフでは昼夜の気温差がほとんどありません。昼間ももちろん、お貸しした防寒具をご利用いただけますので、特別な防寒着を用意される必要はありません(通常のスキーウエアなどの防寒具では、極北の厳しい寒さに耐えられません)。
もし、ご自身のネックウォーマーやフェイスマスク、ゴーグルなどをお持ちの場合は、ご持参ください。ゴーグルはオプショナルツアーの犬ぞりに使用されると快適です。
 
     
 
到着前にホテルのお部屋にお届けしています。お申し込み時に、パーカーとブーツのサイズをお伺いしておりますが、実際に着用していただいた際、サイズが合わない場合は、ご相談ください。サイズの在庫がありましたら、交換させていただくことも可能です。
また、ブーツのサイズは、厚手のソックスなどを考慮されず、普通にはかれているシューズサイズをご連絡下さい。
 
     
  ほとんどの方が「極北」を意識され、極度の寒さを想像してしまうのですが、いちばんの防寒対策は汗をかかないことです。ホッカイロなどをつけすぎて、汗をかいたままマイナス世界へ出ると、濡れた体はすぐに冷えてしまいます。イエローナイフの宿泊先やレストランなどの室内温度は、常に20℃以上とかなり暖く設定されています。お貸しするダウンジャケットの下には、長袖Tシャツ+フリースのジャケット程度にされ、室内ではすぐにジャケットを脱いで汗をかかないように注意し、外へ出るときはしっかりとした防寒を心掛けることが寒さを防ぐポイントです。  
     
 
BACK TO TOP
 
     
     
  Q4.オーロラ観賞に持っていくと便利なものってありますか?  
     
  A.あったら便利!おすすめの持物リスト  
 
  • 5本指の薄手の手袋(ミトンの下に装着すると指先が冷えず便利)
  •  
     
  • スキー用ゴーグル(犬ぞり)
  •  
     
  • ソックス(1、2足多めに用意)/ 目覚まし時計/ 室内用スリッパ
  •  
     
  • ジップロックなどの密封できるビニール袋(カメラの結露防止)
  •  
  • フリースのジャケットまたはベストTシャツ1~2枚
  • ソフトコンタクトレンズ(使い捨てコンタクトがベスト。メガネの場合は替えのメガネがあると便利)
  • 使い捨てカイロ(4~5個で充分・貼れるタイプ、足裏用のものなど)
  • *現地でお貸しするレンタル防寒具5点セットには、顔全体をカバーできるフェイスマスクをご用意していますが、ご自身のものにこだわる方は、お持ち下さい。
    ★コンタクトの方がオーロラ観賞にはおすすめ!!
    オーロラ観賞のためにわざわざコンタクトレンズを購入される必要はありませんが、メガネと併用されている方はコンタクトレンズの方が、メガネと違って曇る心配がなく快適です。また、オーロラ観賞の時だけ安価で購入できる使い捨てのコンタクトレンズを使用されるのも一案です。
    ※夏・秋のオーロラツアーは防寒具レンタルはしておりません。冬のような特別な防寒具は必要なく軽装で楽しめます。ですが冷え込む日もありますので万が一に備えてダウンジャケット等のご持参をお勧めします。日本の冬の格好をイメージして下さい。

    夏・秋オーロラツアーの時期に関して服装などのご心配や不安がある方はどうぞお問い合わせください。

     
    BACK TO TOP
     
     
    Q5.オーロラを撮影するために必要なものは何ですか?
     
    A.用意するものリスト!!
    <カメラ>シャッターを開けたままにできる機能のもので、出来れば15秒以上設定できるもの、もしくはバルブ機能(自分でシャッタースピードが設定できる機能)他に、F値(レンズの明るさ)を一番小さい値 ・ISOは400~326000あたりを使うのが望ましい。一眼レフカメラはもちろんのことコンパクトデジタルカメラでも必要な機能さえ揃っていればオーロラを撮影することは可能です!
    ※以上の設定がないカメラでは夜景モードや花火モードで撮影出来る事もあります。
     
    <三脚>普段よりも長い間シャッターを開放しますので、手ブレを防ぐために使用すると良いでしょう。
     
    <レリーズ>シャッターを押す際にカメラに振動を与えずに済みます。あると良いでしょう。
     
    <予備電池>低い気温の中では電池の消耗が早く、カメラが正常に作動しなくなります。温めればだいぶ復活しますが、予備の電池を多めに用意することをお勧めします。
     
    <懐中電灯>暗い中、手元の細かい作業をするためには小さなライトでもあれば便利です。フラッシュや懐中電灯などを使用する際、周りで撮影を行っている人に一声お掛けいだだきますようご配慮をお願いします。お互いに気をつければ、皆様それぞれ素敵な写真をお撮りいただけると思います。
     
    <手袋>(手にフィットする薄手の物)冬季のオーロラ撮影は平均気温が氷点下となり非常に寒さが厳しくなります。長時間外に出 しておいたカメラや三脚を素手で触れると皮膚が張り付いたり凍傷の危険性がありますので触れる時は手袋の着用をお勧めします。
     
    <カメラケース>撮影後、ティーピーもしくは暖かい室内にカメラを持ち込む場合は、カメラバックか口がきちんと閉まるバックなどに入れてから持ち込むようにして下さい。屋外と室内では温度差が大きく、冷えたカメラを暖かい室内に持ってきますと、カメラが結露してしまい故障の原因となる恐れがあります。
     
    BACK TO TOP
     
     
    Q6.パッケージプランはいつまでに予約すればいいですか?
     
    A.特に締め切りを設定しているわけではありませんが、お客様のご要望を伺ってからホテルの予約に入ります。空室があれば直前でも対応できますが、お客様と連絡を取り合いながらお1人様ずつ丁寧に回答いたしますので、10日前までに予約する事をお勧めいたします。また、こちらとの時差の関係上回答にお時間を頂く場合がございます。
     
    BACK TO TOP
     
     
    Q7.到着後に起こりうるパプニングとその対策。
     
    A.海外旅行では、預け荷物が到着日に届かない場合があります。必要なもの(1日分の着替え、薬、など)貴重品は手荷物に用意する事をお勧めします。
    また、寒冷地では寒さが原因でハードスーツケースの場合破損する場合がありますので、ソフトスーツケースをお勧めします。必ずではありませんが、旅行保険(保障内容については予めご確認下さい)に入っておくと安心です。
    年末年始にお越しになるお客様につきましては、都会のレストランと違い、お店が閉まっていることもございますので必要に応じてインスタント、レトルト食品をご持参される事もお勧めいたします。(12月25日、31日~1月1日はほとんどのお店が閉まります。
     
    BACK TO TOP
     
     
    Q8.両替について。
     

    A.イエローナイフは大変小さな町のため、空港、ホテルには外貨の両替所はございません。

    市内の銀行窓口が開いている時間帯(銀行によりますが通常平日09:00~16:30の間)のみ両替が可能です。町の中の店舗はたいていクレジットカードが使えますが、主に利用できるのはVisaカードでAMEX,JCBなどは店舗によって利用できない場合もございますので、用途に分けて複数枚持参されることをお勧めいたします。
    オーロラビレッジ内のギフトショップ、オプショナルツアーや記念撮影などの支払いは現金、各種クレジットカードがご利用いただけますのでご安心下さい。
     
     
    Q9.雨や雪でもオーロラ観賞に行くのですか?
     

    A.観賞地は町から30分ほど離れており、町の天気とは違うことが多くございます。雲が晴れてオーロラが出る可能性がございますので天気によりオーロラ観賞を中止することはございません。
    天候理由によるキャンセルは基本承っておりませんが、同種のツアーで日付を変更希望の場合はお一人様一度$21.00にてお伺いいたします。オフィスにお問合せください。

     
    BACK TO TOP
     
     
    Q10.ホテルは自分で予約を取ったので、パッケージではない方法でツアーを申込めますか??
     

    A.ご宿泊先をご自身でご予約された場合、オーロラ観賞ツアーや昼のツアーのお申込みをオプショナルツアーとして単品づつお承りする事ができます。ツアーはホテル発着ですので、町-オーロラビレッジ間の往復送迎が含まれております。空港送迎や現地サポートは含まれておりません。ツアー集合場所に集合時間までにお集まりいただけるご予定を組まれた上でご連絡ください。お問合せはこちらです。

     
    BACK TO TOP
     
     
    Q11.イエローナイフ到着予定がとても早い(遅い)時間帯のなのだが空港送迎はあるのだろうか?
     
    A.パッケージをお申込みのお客様でイエローナイフ空港離発着が航空会社エアカナダもしくはウェストジェットご利用の場合、どの時間帯の便でも時間に合わせてお迎えに上がります。その他の航空会社をご利用の場合は、別途お一人様$52.50にてお承りする事ができます。 オプショナルツアーでお申込みの場合は空港送迎は含まれておりません。
     
    BACK TO TOP
     
     
    このページの最終更新日は、2017年03月19日 。©Aurora Village
    *このホームページを通 じて入手したいかなる情報も、無断で複製、販売、出版または使用したり、公開することを禁じます。